忍者ブログ
三井ダイレクト
| Admin | Res |
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

事故で前歯を失ってしまった場合に、よくあるのは前歯の歯茎の骨まで半分無くしてしまっているケースが多いです。増骨のことはかかれていないので、インプラントを植立する骨の量は確保できている事と思います。


このごろ国内でもインプラントの生産をするところも増えてきましたが、歴史がある製品は経年的な治療実績なども確かに多いものです。製品自体が高ければ、必然的に患者さんへの負担も大きくなります。しかし、シェアの高い製品を使えば、転勤しても海外先でも対応しやすいというのも事実です。

製品に大きな差がなければ、安くインプラントを提供したい気持ちのある先生であれば、そちらを推める事もあると思います。
製品から申しますと、20年前の製品でも患者さんの口の中で現役のインプラントもあります。一番大きな差となるのは、先生の技量と患者さんの口の衛生状態です。

CT撮影での審査は、あるに越した事はありません。歯茎の下は見えませんので、骨があると思っていてもそうでない場合はあります。CT撮影の結果でより正確な診断と治療計画を導く事ができます。CT撮影では、骨量の3次元的推移や、大きな神経、上顎洞の底の位置などが明確にわかります。治療の場所により必須の箇所、撮影した方がよい箇所という分かれ方になります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[11/09 テープ起こし]
[04/14 インプラント]
[04/14 不動産]
[04/14 網頁設計]
[03/31 不動産]
カテゴリー
フリーエリア
最新トラックバック
(10/02)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
RSS
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    Photo by Vacant lot?    Template by Temp* factory
Copyright (c)マネー All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]